パチンコ借金返済|借金やばい死にたい

パチンコ依存症は病気なんです。

パチンコ依存症は病気なんです!!

パチンコ依存症は病気であることを知ってください

 

  • 毎日パチンコに行ってしまう
  • 朝から晩までパチンコ屋に入り浸っている
  • パチンコに行きたくてうずうずする
  • 負けていても勝つまでお金をつぎ込む

 

こんな症状 あなたにはありませんか?
もし、こんな症状が長く続いているようであれば「パチンコ依存症である可能性があります。

 

家族からパチンコを辞めてと言われている。でもパチンコに行かないとイライラして家族にあたってしまう。
そんな人はすでに「パチンコ依存症」という病気にかかっていると自覚しましょう。

 

実は世界保健機関(WHO)は、1970年代に「パチンコ依存症は」精神疾患であると認定しているのです。
厚生労働省によると、パチンコや競馬などのギャンブル依存症は、国内で成人の4.8%に
当たる536万人以上になると発表しています。100人いれば4人〜5人はパチンコ依存症なのです。

 

これは他の難病に比べても決して珍しい数字ではありません。
誰もが「パチンコ依存症」と言う病気にかかってしまう可能性があるのです。

 

病気だからこそ、克服するためにはそれなりの知識と治療、治りたいと思う気持ちが必要です。
病気と思わなければ、いつか辞めれるだろうと克服する気にもならないのです。

 

パチンコ依存症は病気ではありますが、治らない病気ではありません。
パチンコ依存症は「回復できる病気」でもあるのです。

 

自分がパチンコ依存症であると言うことを認識し、家族や友人に協力を求めることで
回復することができる病気なのです。

 

パチンコ依存症になってしまう原因は?

 

パチンコやスロットは国が認めている娯楽であり、ギャンブルとはいえゲーム感覚で始めることができます。
気分転換や暇つぶし程度でも簡単に出来てしまうことに問題があります。

 

特に最近はレートが低い「1パチ」なども登場し、少ない資金でも楽しめるので
若い人や主婦、高齢者まで多くの人がパチンコ屋に通っています。

 

パチンコは運さえ良ければたった500円でも当たりを引くことができます。
そのあたりが長く続けば10万と言う大金を手に入れる事も出来てしまいます。

 

手軽で簡単に大金が手に入る可能性が人を病みつきにさせてしまうのです。
たった500円があっと言う間に10万と言う大金に変わる。この興奮を人は忘れることができないのです。

 

実際、長くパチンコを続けていると負けている時の方が多いのです。
しかし負けている時は10万と言う金額になる前に資金が尽きて辞めてしまいます。

 

なので、1回で大負けしたと言う気分にはなりにくく、トータルすると10万以上負けているにも関わらず
1回で10万勝った時のことを鮮明に覚えていて、儲かっている気になってしまうのです。

 

また、何回負け続けても「次は勝てる!」と言う根拠のない自信がついている場合が多く
負ければ負けるほど、負けを取り戻すためにまたパチンコに通ってしまうのです。

 

実はパチンコ依存症になり易いのは「真面目な人」が多いと言われています。
責任感が強く真面目であり自分の気持ちを表現することが苦手でストレスを貯めやすい人が
パチンコにハマってしまい依存症になる事が多いようです。

 

手軽にストレスを発散できるパチンコに依存し、勝つことによって欲しい物を買ったり美味しいモノを
食べたりした経験が忘れられず、またパチンコに行ってしますのです。

 

とはいえ、実際パチンコをしている全ての人がパチンコ依存症になってしまう可能性は十分にあります。
病気だからこそ、どんな人でもパチンコ依存症になってしまうという事を認識しましょう。

 

多くの人が「パチンコで儲かるはずがない」「パチンコをしても負けが増えているだけだ」
という事は認識しています。
なのにも関わらずどうしてもパチンコに行ってしまう、自分の意志ではパチンコを
辞めることができないと言う人は「パチンコ依存症」と言う病気にかかっているのです。

 

気づいた時にはすでに自分の力では治せない状態に

 

何の病気でもそうですが、症状はある程度進行するまで気づかないものです。
病気が進行してくると、体や精神のあちらこちらに異常が出て何かおかしいな?と気付き始めます。

 

その時にはすでに自分の力では治せないほど症状が進んでいる可能性もあるのです。

 

パチンコ依存症も同じです。気づいた時には治せないほど症状が進んでいる可能性があります。
また、パチンコ依存症に気付くのも本人では無く家族や恋人など周りの人であることも多いのです。

 

パチンコをしている本人はが「ギャンブルを止められない」「自分がパチンコ依存症である事を
認めることができない」という状態に陥っているため、依存症の状態が長く続き症状が悪化してしまうのです。

 

実はパチンコ依存症の人は短期間であればパチンコを辞めることはできるのです。
「不認の病」と呼ばれており、自分は依存症ではない・いつでも止められると依存症である事を
認めないので、止めれるんだと言うことを証明しようとして短期間、パチンコをしないのです。

 

そのため、余分なお金を持たなかったり、パチンコ以外に時間を使ったりして
自分はパチンコに行かなくても平気なんだというこを自分に納得させるのです。

 

止めた後のソワソワ感やイライラ感が続いたら

 

パチンコを辞めた後、何も感じることがなくそのままずっと止めることができるのであれば
パチンコ依存症から抜け出せるでしょう。

 

しかし、実は何も感じない人はパチンコ依存症では無かった可能性があります。
パチンコ依存症の場合、パチンコを止めている間、ソワソワ感やイライラ感を感じてしまうのです。

 

このイライラ感やソワソワ感がパチンコに行きたい気持ちを増幅させる「脅迫観念」なのです。
「脅迫観念」は脳の中で起きているドーパミンの機能不全によるものであると考えられています。
「機能不全=病気」であることを考えると、止めている間イライラ感のあるパチンコ依存症は
れっきとした病気なのです。

 

この「脅迫観念」がながく続くことで、イライラを解消したくてちょっとだけならとか5000円だけなら
と言う言い訳を作りながらパチンコに行ってしまのです。

 

この時、今まで辞めていた反動がでて歯止めが利かなくなりそのまま大金を使ってしまったり
借金をしてまで、勝つまでやると言う行為に走ってしまいます。

 

パチンコ借金

 

 

パチンコを止めている間、イライラ感やソワソワ感を感じてしまったら、自分は「パチンコ依存症」
であることを自覚しましょう。

 

そして、パチンコ依存症は自分の力だけで治そうとするのではなく、家族や恋人、友人
できれば病院の先生の力を借りることを考えてください。

 

パチンコ依存症になってしまい、借金をしたり、大切な時間をパチンコに費やしたりしていることで
家族や周りの人も苦しんでいるということ認識してください。

 

急に辞めたり、克服しようとしてもドーパミンの機能不全によって、イライラ感が募り
家族や恋人に当たってしまうかもしれません。

 

病院の先生やカウンセラーの力を借りてでも、じっくりと自分の病気と向き合い
どうしたらパチンコに行かなくて済むのかを考え、長い期間をかけて徐々に克服していくのがベストです。

 

もし、あなたがパチンコ依存症で借金をしているのであれば、家族に立て替えてもらったり
するのは止めましょう。

 

パチンコの借金は自分の弱さからきた結果です。
その弱い部分を家族にかばってもらうのではなく、弱い自分を認めた上で
自分の力で返済するようにしましょう。

 

自分の力で返していくことによって、もう2度と借金なんかしないと言う強い思いを持つことが
大切なのです。

 

しかし、借金額が多すぎると返済すること自体が無理があり、苦しみから抜け出せなくなります。
まずは自分の借金が債務整理などで減らすことができないか相談することから始めてみてはどうでしょうか?

 

インターネット上で簡単な質問に答えるだけで、借金返済のシミュレーションをしてくれる
「街角法律相談所」の「借金返済シミュレータ」であれば、借金返済の方法を教えてくれるのでとても便利です。

 

 

借金返済

関連ページ

男性のパチンコ依存症とは
パチンコ依存症になる男性は多くいます。奥さんや彼女と一緒でもついついパチンコに行ってしまう。そんな人は要注意です。
女性のパチンコ依存症とは
パチンコ依存症になる女性が増えています。気軽にパチンコに行ける環境になり、ついつい生活費を使い込んでしまうなど、自由になるお金がある人ほど依存症になりやすいようです。
家族がパチンコ依存症の場合
ご主人や息子がパチンコばかり行って借金をしているようだ。。。もしかしたらパチンコ依存症ではないか?と心配している家族は多いでしょう。もし、家族がパチンコ依存症だったらどうすればいいのでしょうか?